20161125

  情 報 一 覧  


未来創成学国際研究ユニット

京都大学未来創成学国際研究ユニットセミナー 第5回
 テーマ:「真理とは何か? -数学世界、物理世界、精神世界ー」

  • 日   時:11月25日、17時00分-19時00分
  • 場   所:基礎物理学研究所 研究棟(建物番号⑫番)2階 K202 号室
  • 講 師:佐々木 閑 花園大学 教授
  • 司 会:富田直秀 京都大学工学研究科 教授
                  村瀬雅俊 京都大学基礎物理学研究所 准教授

【概 要】

「数学的な真理は、物理的な世界と人間の脳の中に、客観的に、かつ独立に存在しているように見える」。これは、数学の大統一を目指す、世界的数学者 Edward Frenkel(U.C. Berkley)の言葉である。仏教・道教・儒教の統合を目指す南老師は、世界が抱える問題の1つは、「物質と精神の再統合」と明言する。数学によって表現される可能世界、物理学によって記述される現実世界、精神によってとらえられる創造性と破壊性、それらのつながりに関心が向けられつつある。「新しい数学を生み出すのは、絵画や音楽を作り出すのと何も変わらない」というFrenkel自身の体験に基づく自己反省的表現から、精神世界への洞察が得られるのではないかとの期待が高まる。「物質と精神の再統合」は、芸術性にとんだ創造的数学からアプローチされる時代なのかもしれない。今回のセミナーでは、仏教哲学者・佐々木閑先生をお招きし集中的な異分野討論を行いたい。


© Kyoto University Research Coordination Alliance