20161018

   情 報 一 覧  


未来創成学国際研究ユニット

京都大学未来創成学国際研究ユニットセミナー(第4回)
 テーマ「目に見えないもの-その探求可能性を探るー」

  • 日 時:10月18日、17時00分-19時00分
  • 場 所:基礎物理学研究所 新館 2階 K206号室
  • 講 師:塩田 浩平 滋賀医科大学 学長
         高林 純志 京都大学生態学研究センター 教授
  • 司 会:村瀬 雅俊 京都大学基礎物理学研究所 准教授
              大串 隆之 京都大学生態学研究センター 教授

【概 要】

世界のグローバル化がますます加速するなかで、私たちは「人間性の原点」、「自然原理の本質」に立ち返る必要性に迫られている。「目に見えないもの」は、来年生誕110年を迎える素粒子物理学者・湯川秀樹の名著『目に見えないもの』のタイトルに由来する。ミクロな世界の探求から、近年の重力波検出に代表されるマク ロな世界の探求まで、私たちは「目に見えないもの」を探求し続けている。もちろん、「目に見えないもの」は私たちの身の回りにたくさんある。今回は、医学と生態学において、「目に見えないもの」を探求するという観点から、それぞれの歴史と現状を語り合いながら、異分野領域統合から見えてくる未来創成学を展望したい。


© Kyoto University Research Coordination Alliance