20170718


グローバル生存基盤展開ユニット

第1回地球規模課題セミナー

  • 日 時:平成29年7月18日(火)13時00分 ~ 16時25分
  • 場 所:生存圏研究所セミナー室(HW525)
                (宇治総合研究実験棟5階、http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/access/
  • 主 催:JICA/JST地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)  
         プロジェクト「熱帯荒廃草原の植生回復によるバイオマスエネルギーと
        マテリアル生産」/京都大学生存圏研究所
  • 協 賛:京都大学研究連携基盤グローバル生存基盤展開ユニット
                

 【 題目 / 発表者 】

  • "Exploiting the Potential of Microorganisms for Biodiesel Production"
       ○I Made Sudiana, I Nyoman Sumerta and Atit Kanti (LIPI, Indonesia)
  • "Bogor Botanic Gardens, Research Activities and SATREPS Project"
       ○Reni Lestari (LIPI, Indonesia)
  • "Potential of Indonesian Natural Fibers and its Utilization for Biocomposites"
       ○Subyakto, Firda Aulya Syamani and Lilik Astari (LIPI, Indonesia)
  • "General Outline of ASEAN Countries and relationship with Japan -with a focus on Indonesia-"
       ○Satoru Mitani(三谷 知)(JICA)

 【 趣 旨 】

SATREPSプロジェクトは、国際共同研究として進めており、相手国であるインドネシアの研究者や関連の留学生も数多く日本側の研究室に滞在しています。日本側の関連する若手研究者や大学院学生が、相手国或いは東南アジア全体の状況に対する知見・理解を深めることを目的とし、今回、東南アジア事情について大変お詳しいJICA現地調整員の三谷知氏並びにインドネシア科学院のI Made Sudiana 教授、Subyakto 教授およびReni Lestari博士の来日を捉え、日本側の若手研究者と大学院学生にインドネシアにおける関連分野の状況とアセアン事情についてご講義いただきます。



© Kyoto University Research Coordination Alliance