第100回京都大学丸の内セミナー特別講演会





計量経済学とEBPM

平成30年11月1日(木)17:30より

西山慶彦 (経済研究所 教授)






 「EBPM(Evidence based policy making)は近年わが国の政府においても重要視される政策立案の枠組みである。経験や勘に頼るのではなく、政策効果をある程度事前に客観的に見極めてから政策に移すという趣旨であるが、そこでは政策の効果は計量経済分析によって調べられる。本講演では、その基本的な考え方や分析上での困難な点および解決法などについて紹介する。






© Kyoto University Research Coordination Alliance