第25回品川セミナー

第25回品川セミナー
平成24年6月1日(金) 17:30より
辻井敬亘(化学研究所、教授)

高分子の魅力−あたらしい構造が生み出す革新機能−

  身の回りには合成高分子材料があふれ、便利な生活を支えています。これからは、より高機能・高性能、かつ、低環境負荷の材料が求められます。このような材料開発に貢献すべく、私たちは、高分子の精密合成と機能開発の研究を行っています。

  最近、様々な材料の表面に高分子の鎖を飛躍的に高い密度で“生やす”ことに成功しました。いわゆるブラシに因んで“濃厚ポリマーブラシ(ナノブラシ)”と呼ぶ、この新しい表面は、その特異な構造ゆえに独自の魅力ある性質を示します。さらに、このナノブラシの特性を利用すると、新しい構造と機能を実現できます。

  本講演では、ナノブラシの魅力ある性質とこれを利用した次世代材料−人類が直面している環境・エネルギー問題を解決する潤滑機能ならびに次世代電池−について紹介します。



© Kyoto University Research Coordination Alliance