開催記録(第23回~第44回)

第23回品川セミナー
平成24年4月6日(金) 17:30より
平井啓久(霊長類研究所、教授・所長)

霊長類の野外調査とゲノム研究


第24回品川セミナー
平成24年5月11日(金) 17:30より
西渕光昭 (東南アジア研究所、教授)

アジアで越境する感染症:私たちの身近に忍び寄る敵


第25回品川セミナー
平成24年6月1日(金) 17:30より
辻井敬亘 (化学研究所、教授)

高分子の魅力−あたらしい構造が生み出す革新機能−


第26回品川セミナー
平成24年7月6日(金) 17:30より
岩田博夫(再生医科学研究所、教授・所長)
末盛博文(再生医科学研究所、准教授)

「高分子材料を医療へ活かす」(岩田)
「ES細胞と再生医療」(末盛)


第27回品川セミナー
平成24年8月3日(金) 17:30より
溝端佐登史(経済研究所 教授・所長)講演映像

「ソ連崩壊20年−体制転換とは何だったのか」


第28回品川セミナー
平成24年9月7日(金) 17:30より
影山龍一郎(ウイルス研究所、教授)講演映像

大人になっても神経細胞は増えているの?--その不思議な役割について


第29回品川セミナー
平成24年10月5日(金) 17:30より
三澤 毅(原子炉実験所、教授)講演映像
福永俊晴(原子炉実験所、教授)講演映像

研究用原子炉と中性子科学 -中性子の生成と利用について-


第30回品川セミナー
平成24年11月2日(金) 17:30より
中川 一(防災研究所・教授) 講演映像(前半) 講演映像(後半)

河川堤防研究:水工学からのアプローチ


第31回品川セミナー
平成24年12月7日(金) 17:30より
田中耕一郎(京都大学・物質−細胞統合システム拠点、教授)

テラヘルツ波が切り拓く新しい科学   講演映像


第32回品川セミナー
平成25年1月11日(金) 17:30より
森井 孝(エネルギー理工学研究所、教授)講演映像

体のなかにある分子コンビナート


第33回品川セミナー
平成25年2月1日(金) 17:30より
井倉 毅(放射線生物研究センター、准教授)
高田 穣(放射線生物研究センター、教授)

放射線の攻撃からゲノムを守る ー我々のゲノムを守る蛋白質の巧妙かつダイナミックな防衛戦略ー(井倉)
内なる敵アルデヒドの攻撃からゲノムを守るー「体内浄化」と「傷の修理」の二つの戦略ー(高田)


第34回品川セミナー
平成25年3月1日(金) 17:30より
岩井茂樹(人文科学研究所長、教授)講演映像

18世紀日中間の貿易権紛争と「沈黙外交」


第35回品川セミナー
平成25年4月5日(金) 17:30より
西 芳実(地域研究統合情報センター、准教授)講演映像
山本博之(地域研究統合情報センター、准教授)

痛みと再生の諸相――インド洋津波から2年を迎えたスマトラの経験を振り返る


第36回品川セミナー
平成25年5月10日(金) 17:30より
カール・ベッカー(こころの未来研究センター、教授)

生老病死に対する日本人の経験智と自己決定


第37回品川セミナー
平成25年6月7日(金) 17:30より
杉山淳司 (生存圏研究所、教授)講演映像

木のミクロな仕組みから分かること、見えること。 


第38回品川セミナー
平成25年7月5日(金) 17:30より
山下 潤 (iPS細胞研究所、教授)

多能性幹細胞を用いて多面的に心臓再生に挑戦する


第39回品川セミナー
平成25年8月2日(金) 17:30より
中野伸一 (生態学研究センター・センター長)講演映像

湖沼・海洋の微生物はダイナミックに生きている


第40回品川セミナー
平成25年9月6日(金) 17:30より
荒井修亮 (フィールド科学教育研究センター・教授)講演映像

ジュゴン、ウミガメ、オオナマズを追いかける〜希少水圏生物の保護と共存


第41回品川セミナー
平成25年10月4日(金) 17:30より
青木愼也 (基礎物理学研究所・教授)講演映像

クォーク、グルーオンから核力へ


第42回品川セミナー
平成25年11月1日(金) 17:30より
幸島司郎 (野生動物研究センター センター長・教授)講演映像

世界の野生動物をフィールドワークする:ヒマラヤから海中まで、氷河から熱帯雨林まで


第43回品川セミナー
平成25年12月6日(金) 17:30より
河原達也 (学術情報メディアセンター・教授)講演映像

話がわかるコンピュータ ―音声認識と対話システムの最前線―


第44回品川セミナー
平成26年1月10日(金) 17:30より
岡本 久 (数理解析研究所・教授)講演映像

流れの数理とミレニアム問題



© Kyoto University Research Coordination Alliance